バックナンバーのページへ

〜幼稚園創立105周年記念オペレッタ〜

2月 幼稚園創立105周年の記念として、年長組によるオペレッタ トルストイ原作
ロシア民話「七つの星」を上演しました。年長組は幼稚園生活の集大成として
一丸となって頑張りました。情熱溢れる舞台は年少組、年中組を始め大勢のご父兄の方
にも大好評で大きな拍手をいただきました。

村には雨が降らず日照り続き

畑の作物も枯れ困り果てる村人達

病気のお母さんのために

女の子は水を求めて森の中へ

しかし疲れ果ててとうとう倒れてしまいました。

女の子が眠っている間に奇跡が起きました。
女の子の木のひしゃくには水が入っていたのです。

村に住む動物達も喉がカラカラ・・・

心優しい女の子は犬の親子に水を分けてあげました。
するとひしゃくは銀色に変わりました。

急いで家に帰る女の子
そこへ水を求めて1人の旅人がやってきました。
旅人のために水を差し出すと・・・

銀のひしゃくは金色に。
そして水はあふれて川となり
気が付くと旅人はいなくなっていました。

フィナーレ

エンディング

平成21年3月19日
白百合学園幼稚園長